FuelPHP環境構築メモ

Vagrantを使用してFuelPHPの環境構築

 

 

VagrantFileはLaravel構築のときに作っておいた自前のものを使用
https://github.com/addictionwhite/vagrant1

// centos7.1のboxを使用しているので、なければ追加しておく(これVagrantfileで自動化できそう)
vagrant box add centos7.1 https://github.com/CommanderK5/packer-centos-template/releases/download/0.7.1/vagrant-centos-7.1.box

 

仮想環境内で、oilをインストールしようとするとコケる
---------------
curl get.fuelphp.com/oil | sh
sh: 行 1: 予期しないトークン `newline' 周辺に構文エラーがあります
sh: 行 1: `<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN">'
---------------


Fuel のサイトが HTTPS 化した影響らしい(以下のコマンドでインストール
$ curl -L get.fuelphp.com/oil | sh

新しいプロジェクトを作成するには単に以下を実行
$ oil create <project_name>


// document Root変更
sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

// Apache再起動
systemctl restart httpd.service


oilコマンドをインストールし、叩くところ以外は基本的にLaravelの記事と同じ(参照)

 

記事残す程でもないかもしれないが、

上記の方法で構築できたという確認のため。

 

f:id:addictionwhite:20171105005110p:plain

 

参照

Vagrantを用いたLaravel環境構築
http://addictionwhite.hatenablog.com/

 

FuelPHP公式
http://fuelphp.jp/docs/1.9/

 

https://groups.google.com/forum/#!topic/fuelphp_jp/1FHrQzOje4Q